私たちの本社がある宮古島は、沖縄本島から飛行機で南へ約40分行った所にある人口約5万人程度の小さい島です。その島で平成4年に産声を上げ、今日まで営業を行なっております。

設立当時この島では、賃貸仲介業や管理業は確立されておらず、家主様自身が自分で契約し、自分で管理するという状況でした。不動産会社は売買のみを行なっているのが現状でしたので、私たちは当時から管理、賃貸仲介に特化して営業を行なってきました。初期の頃は、見知らぬ人に家賃を預けることは出来ないと行く先々で断られたものです。現在は入居者の多様化が進み、営業や斡旋も不動産業者が担うようになりました。

その頃から、これからは仲介力をつけなければならないと強く感じ、平成15年にアパマンショップネットワークに加盟致しました。本部の開催するセミナーや、店舗見学会等に参加するにつれ、その集客力や決あ定力におどろかされました。以後、私たちも一歩ずつではありますがそのノウハウや理念を吸収しているところです。

また、業務においてはなるべく残業を少なくしてそれでも業績の上がる仕組みづくりや、社員・お客様・取引先がイキイキ、ワクワクするようなアイデアを全員で考える「改善提案制度」などを取り入れています。「地域から必要とされる社会」「業界で一番働きがいのある会社」をめざして、共に学び、共に語り、共にはげみ、共に成長する会社の実現を追求しています。人間の本質は人を助ける事を最大の喜びとします。人の幸せを願い考えて本気で働いている人はみんな幸せで元気です。社員一人一人が内面から輝くような社風作りを目指しています。